透析装置について

RO
セントラル

当院では、透析用水・透析液の供給体制として、

  • JWS社製”逆浸透水処理装置” MHS504PC-H+EFUが3台
  • 日機装社製”多人数用透析液供給装置” DAB-50NXが4台・DAB-50Eが1台
  • 東亜ディーケーケー社製”A剤溶解装置” AHI-502が5台・B剤溶解装置BHI-502が5台

と、もしも1台が故障した場合でも配管切り替えと信号切替を行い透析治療が中断されることがない、自然災害にも充分配慮した(免震構造、透析を充分にまかなえる非常用発電機、非常時の用水確保など)安心・安全な態勢で治療を行っています。
自然災害などで市水の供給が断たれた場合には、井水を除鉄・除マンガン装置で前処理し逆浸透水処理装置を通した後に、透析用水として使用し対応します。

1F_外観_免震

免震構造

透析液を作るための水質管理は、「日本透析医学会透析液水質基準2016」および「2016年版 透析液水質基準達成のための手順書」を基準に”安全できれい”な水質を維持しており、透析液水質加算②を満たした「高純度(ウルトラピュア)透析液」と呼ばれるものです。
エンドトキシン・生菌培養の結果は、毎週院内での報告とともに、ホームページ上にも公開しています。

北側
南側

透析に関する透析装置としては透析監視装置165台 (オンラインHDF対応機種39台、i-HDFのみ対応機種4台)が、稼働中です。

ご予約・お問い合わせ

電話093-641-1239

外来 受付時間

【月~金】9:00~12:00、13:30~16:30【土曜日】9:00~12:00

※土曜日の午後は診察を行っておりません。

(日曜日、祝祭日は休診)

TOP